top of page
im_sample01.jpg

学習塾コース

一人ひとりの習熟度に合わせたカリキュラムを作り学習を進めていきます。

1~3人の個別指導となります。

title-summer2015.jpg

期間:7月19日(金)~8月23日(金)

小学生部

算数・国語・英語 火~金 17:00~18:30 土 16:30~18:00

小3~6 90分/コマ 

楽しく学べるICT学習

教科書準拠のテキストを使いながら学校の進度より

少し先を学習する予習型になります。

塾→家庭→学校と3回学習することで理解度をアッ

プ!ICTも利用するので、勉強に苦手意識のある生徒

も興味をもって始めることができます。「問題が解

けると楽しい」、「テストで良い点がとれると嬉し

い」という、学習への意欲も育てます。小学生で、

漢字力、計算力を身に付けていただきます。

高学年は中学への準備も

授業が少しずつ難しくなる高学年では、学校授業の

予習復習を徹底。進学予定の中学校の教科書を先取

りして学習することもできます。

確認テストで成績をチェック

確認テスト後の成績表で全国の多くの受験者の中で、

自分の成績・順位が確認できます。小問ごとの分析結

果から弱点・苦手なポイントが一目でわかります。

振り返るべき問題が一目でわかるので効率よく弱点を

強化できます。苦手分野を克服することにより、成績

アップ・学力アップを可能にします。

shou_work_jpn_02.jpg
shou_work_l_bg_01.jpg

新国語力コース

「読む力」は国語だけでなく全ての教科で、問題文を正しく理解し、解答するために必要です。早い時期から読む力を育て、学習の土台をしっかりと作ることが大切です。低学年から取り組めるトレーニングを通して、日本語文章を読み解いていく上で必要な「語彙力」と、ことばの

仕組みを身につけて行きます。読解力が学力の育

成の根幹であることは明らかですが、その前提に

あるのが「語彙力」です。小学生の時期から、

「語彙力」「読解力」を身につけておくことは有

効です。新国語コースでは、教科書準拠テキストでしっかりと学習して、さらにタブレットで新国語講座を活用して語彙力、文法力、論理力を鍛えます。

(新国語講座アプリはこちらをクリック。)

 

pic_g021.jpg

中学生部

数学・国語・英語・理科・社会 火~金 18:30~21:00 土 16:30~18:00

中1~3 90分/コマ 

 

1人ひとりの目標に完全対応。

高校受験

情報力・分析力・指導力。成果と直結した合格サポート。

志望校別の受験情報と指導実績をもとに、1人ひとりに

最適な学習プランを組み立て。 学習のレベルや進度に応

じて、必要なことに絞った対策ができるので、目標達成

に向けた実践力が効率的に身につきます。また、定期的

に進研模試などの模試を受けてもらい自分の偏差値を知

ることで学習の成果や志望校選定に役立てます。

定期テスト対策

テスト1週間前から無料対策講座を実施、堀中・花中学校のテスト範囲に合わせた対策を行います。総合点アップを目指し、定期テスト前は受講していない科目もフォローして内申点アップを目指します。過去10年間の先輩たちの残してくれた定期テストの過去問からテストを分析し傾向を知ることで対策に役立てています。

部活動との両立

通塾日時やオーダーメイドカリキュラムで、忙しくても学習できるよう対応します。

​スポーツ部などの生徒様の都合に合わせて通塾時間を決めれます。

教材

日本中の生徒の成績を上げるために学校のテストを徹底的に分析して制作したテキストです。毎年全国の数万枚の定期テストにおいて,どのような問題が出題され,生徒がどこで間違っているかを徹底的に分析されています。

また実際の授業からも分析を行い,「どのような言い

回しが良いか」まで追求しています。解説の内容や

問題の選定はもちろん,問題量や1問1問の配置まで,

生徒の成績を上げるために、こだわって制作されてい

ます。

​(オンライン英語に関してはこちらをクリック)

​定期テスト対策

志望校合格

部活との両立

pixta_42346860_M_E4B8ADE5ADA6E7949F.jpg
item_18.png

This is a Paragraph. Click on "Edit Text" or double click on the text box to start editing the content and make sure to add any relevant details or information that you want to share with your visitors.

bottom of page